アイ・スマイル

ビジネスモデル特許
【第5776997号】

プライバシーマーク

会社情報

わたしたちのミッション「賃貸住宅を貸しやすく、借りやすく」

社長あいさつ

アイ・シンクレントは「クレジットカード決済に特化した家賃保証業界のイノベーション企業へ」

クレジットカード決済による不動産ビジネスをインターネットやテクノロジーを駆使し、さらに深化させ、IT・AI・デジタル化が進むこれからの社会に必要とされる企業を目指します。



アイ・シンクレントが創業してから10年がたちました。株主様の営業支援や弊社サービス特性に理解を示してくださった大手管理会社の皆さま、家財保険を保証内容にセットした商品に理解を示し積極的に導入推進してくださった投資ファンドの皆さまなど多数の方のおかげで会社の規模を拡大させることが出来ました。

大手管理会社様との取引拡大を軸に、事業拡大のスピードアップが試されるこの大事な節目に、弊社の代表取締役社長に就任することになり、身が引き締まる思いです。

今後10年間で、社会は私たちの想像を超えるスピードで変革していくものと思います。
しかしながら、「衣」「食」「住」においては形は変わろうとも必要であることに変わりはないでしょう。

当社はその中で特に「住」に拘って一から起業、社会の変化とともに変革を続けることで、他社には出来ない商品開発やローコストオペレーションを実現し、当社の強みとして参りました。

私は、次の10年に向けてアイ・シンクレントの社名の由来を振り返り次の様な意味があると考えています。

i:innovation:技術革新のほか、

創造的イノベーション~顧客の意見や要望を取り入れながら進めるイノベーション
破壊型イノベーション~既存の概念にとらわれず、新たな発想を積極的に取り入れることで新製品や新サービスを生み出していくイノベーション

internet  :インターネットという社会インフラを駆使して新製品や新サービスを生み出していく

i  :私(自分自身にとって興味のある仕事をする、日々ワクワクする仕事をする、社会的意義のある仕事をする)

ThinkRent  :賃貸料を考え直す



アイ・シンクレントの経営の根幹にあるミッション:「賃貸住宅を貸しやすく、借りやすく」の実現に向けてあるべき姿を追及し、「家賃保証業界にイノベーション」を起こす企業であり続けること、「練習は不可能を可能にする」言い換えれば「努力は不可能を可能にする」の言葉通り、常に新しいことに興味を持ちチャレンジする会社であるために「楽しく厳しく」社会に貢献出来るように精進して参ります。

アイ・シンクレント株式会社  代表取締役社長  浅見 学




会社名 アイ・シンクレント株式会社
設立年月日 平成24年3月21日
資本金 1億円
主要株主
許認可等 ・家賃債務保証業者登録制度 国土交通大臣(1)第34号
・プライバシーマーク 22000371(01)
所在地 〒141-0021 東京都品川区上大崎2-25-5 久米ビル6F
支店 仙台、名古屋、大阪、福岡
取引銀行 三井住友銀行 渋谷駅前支店
加盟契約カード提携先 SBペイメントサービス株式会社、株式会社ジェーシービー、三菱UFJニコス株式会社、三井住友トラストクラブ株式会社、三井住友カード株式会社、株式会社クレディセゾン
役員 代表取締役社長:浅見学
取締役:尾持繁美
取締役:田中賢一
取締役:伊原昌義
取締役:佐竹義之
監査役:後藤弘之
代表取締役社長略歴 株式会社住友銀行(現株式会社三井住友銀行)、マルタスインベストメント株式会社の代表取締役社長を経て2021年4月アイ・シンクレント株式会社入社。
同6月に代表取締役就任。
東京都出身。

2021年7月1日現在

社名の由来

「i」は、innovation、internet、i(私)の意味を込めています。
「ThinkRent」は、賃貸料(rent)を考え直すの意味を込めています。